攻略:決戦!バスターコール 消滅

24時間限定で公開されたスペシャルクエスト「決戦!バスターコール」。みんなはもうチャレンジしてるかな?今回は「決戦!バスターコール」の最高難易度「マスター」のクエスト「決戦!バスターコール 消滅」の攻略情報をお届けしよう。

ボスとの連戦が待ち受ける過酷な決戦クエスト

今回の冒険は難易度こそ「マスター」だが、国家級戦力と呼ばれるにふさわしいハードな戦いを強いられることになる。ボスの中将・大佐達はそれぞれが厄介な能力を使ってくるため、対策なしに挑むとあっさり返り討ちにされかねない!いつものように挑戦を重ねて情報を収集したので、要注意ポイントと各バトルの戦い方を交えて紹介したいと思う。

バランス重視の射撃タイプの一味編成

手強い中将達をブッ飛ばし、過酷なバスターコールを乗り切るための一味編成はこれだ!!

射撃タイプの一味編成

射撃タイプの一味編成

船長・フレンド船長には射撃タイプの中で最高クラスの能力を誇る「ゼファー NEO海軍総帥」を選択した。優秀な船長効果に加え、射撃タイプの攻撃力を1.75倍にできる「スマッシュ・バスター」を計2回使えるのが、両船長の彼の最大の強みでもある。そして今回外すことのできない仲間が「ウソップ ゴールデンパウンド」だ。攻撃力に難はあるものの、3ターン遅延という必殺技を15ターンで使えるメリットはやはり大きい。必殺パワーが溜まり次第ガンガン発動してもらうつもりなので、今冒険では一番貢献度がデカいかもしれない。
残りのメンバーは、速属性の敵と相性が良く敵の防御力を激減できる「ペローナ ゴーストプリンセス」と、「スケスケの実」でダメージを半減でき技属性に有利な「墓場のアブサロム」を加えた。中将・大佐達は各々属性が異なるので、幅広い対応力も重要となる。最後に防御力が高く体力の少ない敵対策に、毒の技を持つ「首領・クリーク 猛毒ガス弾「M・H・5」」を選んだ。
ちなみに船は「ゴーイングメリー号」のレベル8、一味全員の必殺技レベルは1で挑戦した。

バトル2まではターンを稼ごう

バトル1・バトル2は必殺パワー溜めをしっかりやって進もう。バトル1の少佐達はエ二エス・ロビーで見せたように、体力回復や瀕死になると擬音隠しなどの技を使ってくるので注意!バトル2のカメ達は攻撃力が低いのでいくらかダメージを受けても大丈夫だ。ただし体力は後のことを考えて温存もしておいた方がいいだろう。

バトル2のカメの攻撃は優しめ

バトル2のカメの攻撃は優しめ

バトル3からは2連続の大佐戦

バトル3は海軍大佐の「シュウ」が現れる。彼は斬撃タイプのキャラがいる場合、先制でサビサビの実の力を使いこちらの斬撃タイプからのダメージを5ターンの間大幅に下げてくる。しかし斬撃タイプのキャラがいないときは不発に終わるぞ。

斬撃タイプ以外は効果がない

斬撃タイプ以外は効果がない

可能な限り敵の攻撃を避けるため、1ターン目に「ゴールデンパウンド」を発動して遅延させよう。そしてここでも最大限ターンを稼いでいくこと。

ゴールデンパウンドはためらわず使おう

ゴールデンパウンドはためらわず使おう

また、大佐達は瀕死になると割り込みで「援軍要請」を行い、取り巻きが5体になるよう兵士を呼ぶので要注意!

援軍に要注意!

援軍に要注意!

バトル4は海軍大佐の「ベリーグッド」が立ちふさがる。彼は先制で「ベリベリの実」によるスロット変換で、[空][お邪魔][爆弾]を含むスロットの入れ替えを行ってくる。さらに以後2ターン毎に同様の変換が繰りかえされるのも非常に厄介だ。

ベリベリの実のスロット変換

ベリベリの実のスロット変換

ここの取り巻き達は「クリーク」の「猛毒ガス弾「M・H・5」」で処理しよう。普通に攻撃すると倒しきれず、手痛いダメージを受けてしまうのだ。あとはスロット変換に耐えつつ、瀕死にしないようにして行動される前に必ず仕留めよう!

ベリーグッドの通常攻撃は約10000

ベリーグッドの通常攻撃は約10000

バトル5からは中将達が1人ずつ登場!

バトル5は海軍本部中将「ストロベリー」。先制攻撃はないが1ターン目終了時と以降3ターン毎に、ランダムで1人を2ターンの間バインドしてくる中々の曲者だ。

ストロベリーは海楼石の手錠を使ってくる

ストロベリーは海楼石の手錠を使ってくる

瀕死になると割り込みではないが、必殺技を使って大ダメージを攻撃時毎回与えてくるので気をつけよう!可能なら「ストロベリー」には必殺技は使わず、ゴリ押しで乗りきりたい。

ストロベリーの通常攻撃は約7000ダメージ

ストロベリーの通常攻撃は約7000ダメージ

バトル6は海軍本部中将「オニグモ」。彼は先制で「チェインブロック」によるチェイン係数の増加に制限をかけてくる。これは主に「冥王レイリー」の船長効果が影響を受け、その恩恵をほぼ無効化されてしまうというものだ。

初のチェイン係数制限

初のチェイン係数制限

「オニグモ」は他の中将達と比べると3000強のダメージと低めだが、毎ターン行動してくるので脅威なことに変わりはない。まずは1ターン目で再び「ゴールデンパウンド」を使ってから敵の数を減らしていこう。「オニグモ」の攻撃は「スケスケの実」でダメージを半減して凌いで、余裕があるなら取り巻き1人残してダメージ覚悟でターンを稼ぎつつ次のバトルに進もう。

遅延とダメージ半減をしよう

遅延とダメージ半減をしよう

バトル7は海軍本部中将「ダルメシアン」。このバトルでは遅延無効効果によりスピード勝負となる。敵がターンを迎える前に倒せなければ全滅は避けられない!ここまで温存してきた「スマッシュ・バスター」と「ネガティブホロウ」をうまく使って行動ターンの短い順に倒していこう。

ダルメシアンの通常攻撃は約10000ダメージ

ダルメシアンの通常攻撃は約10000ダメージ

ついにバスターコールの終焉の時!!

最期に待ち構えているのは海軍本部中将「モモンガ」。彼は先制で「中将の決意」によるダメージ半減をする他、1ターン目終了時に取り巻きが5人になるように「援軍要請」を行ってくる。「ウソップ」の「ゴールデンパウンド」を使う時は必ず援軍を呼ばれた後でなければ、「モモンガ」にしか効果がないので要注意!さらに「モモンガ」は「援軍要請」以降3ターン毎に再度援軍を呼ぶので、取り巻きを倒すのは後回しにしよう。

遅延のタイミングは援軍要請の後

遅延のタイミングは援軍要請の後

ダメ押しに「クリーク」の「猛毒ガス弾「M・H・5」」も使い「モモンガ」を集中攻撃!スロットの出が良い時に「スマッシュ・バスター」を発動して一気に勝負を決めよう!なお「モモンガ」は瀕死にしても割り込み動作は特にないので弱らせても安心だ。

敵の行動順に気をつけて倒そう

敵の行動順に気をつけて倒そう

大佐や中将達をブッ倒し、ついにバスターコールを乗りきった!!

ついにバスターコールに打ち勝った!!

ついにバスターコールに打ち勝った!!

大佐・中将全員の手配書と、クリアした証として新たな称号「バスターコール」をゲットした!!

全ての大佐・中将の手配書を手に入れた!!

全ての大佐・中将の手配書を手に入れた!!

今回編成した一味の他にもいろいろな組み合わせでクリアできそうだ。タイプ一致型の一味なら攻略は可能と思われるので、自分が最も自信のある一味編成で挑んでほしいが、各中将達に相性の良い属性のキャラは必須となるだろう。ただし斬撃タイプの場合は「シュウ」戦で「ゴールデンパウンド」などの遅延効果を使わないとかなり厳しい。また、船長・フレンド船長を「冥王レイリー」にした一味も「オニグモ」戦でどうしても苦戦を強いられるため、控えた方がいいかもしれない。みんなもいろいろな攻略方法を試してみよう!

※画像は実際と異なる場合があります 掲載日10月9日

エリア一覧に戻る


攻略ガイド エリア攻略 キャラクター一覧 クラス別キャラクター一覧 連携スキル キャラクター進化の早見表 進化用キャラクター入手場所 船一覧 公式サイト